【農林水産省】「原料原産地表示制度 事業者向けマニュアルの活用に関するセミナー」の開催について

農林水産省 からのお知らせです。

【農林水産省】「原料原産地表示制度 事業者向けマニュアルの活用に関するセミナー」の開催について

「原料原産地表示制度 事業者向けマニュアルの活用に関するセミナー」の開催について
農林水産省は、平成30年1月22日(月曜日)から2月27日(火曜日)まで、全国10か所において、「原料原産地表示制度 事業者向けマニュアルの活用に関するセミナー」を開催します。
セミナーは公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみ可能です

【 概要 】

 平成29年9月1日に、加工食品の原料原産地に係る食品表示基準の一部を改正する内閣府令が公布・施行されたことに伴い、農林水産省において、特に中小規模の食品事業者における新制度への対応方法を示すマニュアルを作成するとともに、事業者向けにそのマニュアル内容を解説するセミナーを開催しますので、お知らせします。
なお、大分県から最も利便性のよい会場は福岡会場(平成30年2月8日 13:30-16:00)です。


*詳細については下記URLをご参照ください。

   URL: http://www.maff.go.jp/j/syouan/hyoji/seminar20171113.html

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課

担当者:大久保、京増
代表:03-3502-8111(内線4483)
ダイヤルイン:03-6744-2099
FAX番号:03-6744-1974