【農林水産省】 【2月13日大分県にて開催!】「原料原産地表示制度 事業者向けマニュアルの活用に関するセミナー」について

農林水産省 からのお知らせです。

【農林水産省】【2月13日 大分県にて開催!】「原料原産地表示制度 事業者向けマニュアルの活用に関するセミナー」について

                        記

農林水産省は、加工食品の原料原産地に係る食品表示基準が平成29年9月に改正されたことに伴い、特に中小規模の食品事業者における新制度への対応方法を示すマニュアルを作成しており、平成30年11月12日(月曜日)から平成31年2月28日(木曜日)まで、全国18か所において、「原料原産地表示制度 事業者向けマニュアルの活用に関するセミナー」を開催します。
九州農政局管内では、以下のとおり開催されますので、参加を希望される場合には事務局ホームページから登録をお願いします。


 九州以外で開催される、会場・日程等詳細については農林水産省ホームページをご覧ください。
 〈農林水産省へリンク〉 
  http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/181009.html

セミナーは公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。


1.九州農政局管内での開催日程
九州内においては、以下の場所と日程で開催されます。
各会場とも、定員は80名です。

 <九州各地の開催日程>

=====================================================
日時:平成31年2月13日(水曜日) 13時30分~16時00分
場所:全労済ソレイユ 3階牡丹
大分県大分市中央町4丁目2番5号
=====================================================

日時:平成30年11月13日(火曜日) 13時30分~16時00分
場所:サンプラザ天文館 6階ホール
鹿児島県鹿児島市東千石町2-30

日時:平成31年2月14日(木曜日) 13時30分~16時00分
場所:宮崎県婦人会館 サンフラワー宮崎大会議室さくら
宮崎県宮崎市旭1-3-10

2.対象者
食品関係事業者、団体等

3.セミナー内容
プログラム
(1)開会
(2)マニュアル内容の解説
(3)質疑応答
(4)その他
(5)閉会

当日配布予定資料
(1)新しい原料原産地表示制度 事業者向け活用マニュアル
(2)同マニュアル 別冊 実践チェックリストと表示例
(3)新しい原料原産地表示制度 関係規程集

内容は、各会場共通ですが、都合により内容を一部変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
参加は無料ですが、事前に参加申込み登録が必要です。

4.主催及び事務局
主催:農林水産省
事務局: MS&ADインターリスク総研株式会社

5.参加申込方法及びお問合せ先

(1)申込方法
MS&ADインターリスク総研株式会社ホームページ
https://www.irric.co.jp/event/181009/index.php(外部リンク) の参加を希望する会場の「申込登録」からお申込みください。

(2)申込締切
各開催地の開催日の2日前まで

(3)参加者の決定
参加者は先着順に決定します。
参加申込者が定員人数に達した場合は、受付を締め切らせていただきます。
その他、申込みの詳細は、MS&ADインターリスク総研株式会社ホームページから御確認願います。
セミナーに関するお問合せは、事務局となるMS&ADインターリスク総研株式会社担当者に御連絡願います。

(4)お問合せ先
<本セミナーに関するお問合せ先>
MS&ADインターリスク総研株式会社
担当者:蛯子(えびこ)、佐藤
〒101-0063東京都千代田区神田淡路町2-105ワテラスアネックス
TEL:03-5296-8974

なお、参考申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、確認等御本人への連絡を行う場合に限り利用させていただきます。