2020年6月26日アーカイブ

【おおいた食品産業企業会】 令和2年度 第1回HACCP実践ワークショップのご案内

おおいた食品産業企業会からのお知らせです。
【おおいた食品産業企業会】 令和2年度 第1回HACCP実践ワークショップのご案内
おおいた食品産業企業会からのお知らせです。
 おおいた食品産業企業会は、県内食品加工企業の円滑なHACCP導入を支援するため、受講企業の商品1アイテムについて、HACCPに基づく衛生管理に必要な「プラン」を作成するワークショップを開催します。
 食品衛生法改正により制度化され、遅くとも令和3年6月までにはHACCPに沿った衛生管理に取組む必要があります。また、大手小売業者との取引では、法律上のHACCPよりもワンランク高いHACCPの導入が求められつつある現状です。
 本ワークショップの受講により、実益性の高いHACCPプランが作成でき、取引先からの更なる信頼獲得、新たな販路開拓にもつながります。また、既にHACCPプランを作成済みの企業におかれても、自社商品の製造工程の再点検という観点でも役立つワークショップですので、関係者の皆様の積極的な受講をお願いします。
1.ワークショップ概要
日時 令和2年7月8日(水) 9:00~17:00
場所 コンパルホール303会議室(大分市府内町1丁目5-38)
講師 ロイドレジスタージャパン株式会社 今城 敏 氏
    大手食品メーカー・大手日用品化学メーカーの食品衛生研究、工場衛生管理、開
   発時の微生物学的品質設計、食品品質保証を歴任。農林水産省出向中には、HACCP
   支援法改正を技術支援し、高度化基盤事項を設計。
    農水省FCPアドバイザー、一財)食品産業センターHACCP検討委員、立命館大学客
   員研究員、食品衛生協会HACCP指導者

2.受講に際してのお願い
   ・衛生管理の責任者等、実務担当者の受講をお願いします。
   ・1日で内容を完結させるため、途中退席・参加はご遠慮願います。
   ・HACCPプランを作成する、御社商品のうち「1アイテム(製造工程が複雑な商品
    や他の商品と共通の製造工程が多い商品等)」について、以下の資料を準備し
    て下さい。
     ○商品の外観と表示の写真(現物をご持参頂いても結構です)
     ○製造施設や設備の写真や図面など
     ○製造工程がわかるもの
     ○フローダイアグラムや危害要因分析表など(既に作成されている場合)
    ・新型コロナウイルス感染症等の感染予防対策のため、受講の際はマスクを着用の上、
    発熱等の症状がある場合は受講を控えていただくようお願いいたします。
(当日、参加者には検温等を行います)
    ・本年度ワークショップを全8回程度実施しますが、概ね同一の内容となります。
   ※第2回以降の受講企業募集は、開催1ヶ月程度前にそれぞれ行います。
・受講企業の必要に応じて、プラン添削を実施します。

3.申し込み方法
  別紙 「開催ご案内&お申込書」.pdf に必要事項をご記入後、
  FAX(097-506-1753)、E-mail(nishikawa@oita-shokusankai.jp)などでお申し込
  みください(申込期限:令和2年6月26日)

【県産業科学技術センター】食品の品質管理技術向上のための機器分析のお知らせ【令和3年2月まで随時募集】

・ 県産業科学技術センターからのお知らせです。
【県産業科学技術センター】食品の品質管理技術向上のための機器分析のお知らせ【令和3年2月まで随時募集】
■食品の品質管理技術向上のための機器分析のお知らせ【令和3年2月まで随時募集】
詳細: http://www.oita-ri.jp/11296
●概要:
食品の品質維持、向上のためには、まず製品毎の特性を知る
ことが鍵となります。その評価の手法として機器分析を取り入れ
ることができれば、「安心・安全」な食品を安定的に生産すること
が可能となるのです。
そこで、品質評価のターゲットとなる成分を見極め、その分析
技術導入のための支援を総合的に行う研修を、各社のご要望
に対応した内容で個別に実施します。
●日時:
随時 平日 9:00~12:00 または 13:30~16:30
●場所:
大分県産業科学技術センター
●内容:
食品の特性把握、品質評価のための機器分析、測定結果の活用法
(対象機器:pHメーター、水分活性測定装置、分光光度計、糖度計
HPLC、測色色差計、GC、マイクロファイバースコープ)
●講師:
食品産業担当職員
●参加費:
無料
但し、使用する機器・時間によっては機器使用料をご負担いただきます。
また、特殊な試薬等はご準備いただく場合があります。
●申込方法:
開催日時・内容をセンター担当者と調整後,申込書にご記入のうえ
メールまたはFAXでお申し込みください。
受講目的によっては開催できない場合があります。
また、都合によりご希望どおりの条件で開催できない場合があります。
●お問合せ:
大分県産業科学技術センター 食品産業担当 後藤
Tel 097-596-7101 Fax 097-596-7110
E-mail: yu-goto@oita-ri.jp

【県産業科学技術センター】 食品の賞味期限・消費期限設定のための技術研修のお知らせ【令和3年2月まで随時募集】

・ 県産業科学技術センターからのお知らせです。
【県産業科学技術センター】 食品の賞味期限・消費期限設定のための技術研修のお知らせ【令和3年2月まで随時募集】
■食品の賞味期限・消費期限設定のための技術研修のお知らせ【令和3年2月まで随時募集】
詳細: http://www.oita-ri.jp/11289
●概要:
食品の賞味期限・消費期限の設定は、食品の特性、品質変化
の要因や原材料の衛生状態、製造工程での衛生管理、容器
包装の形態、流通・保存環境など様々な要素を勘案し、科学的、
合理的に行うことが必要です。そこで、賞味期限・消費期限設定
の基礎と留意すべきポイントと併せて、科学的根拠になりうる
微生物試験、理化学試験、官能試験等の設定方法を、実技を
交えて個別に解説します。
●日時:
随時 平日 9:00~12:00 または 13:30~16:30
●場所:
大分県産業科学技術センター
●内容:
賞味期限・消費期限設定の際の基礎と留意すべきポイント
特性把握のための簡易分析(pH、塩分、水分活性等)
●講師:
食品産業担当職員
●参加費:
無料
●申込方法:
開催日時・内容をセンター担当者と調整後,申込書にご記入のうえ 
FAXまたはメールでお申し込みください。
受講目的によっては開催できない場合があります。
また、都合によりご希望どおりの条件で開催できない場合があります。
●お問合せ:
大分県産業科学技術センター 食品産業担当 後藤
Tel 097-596-7101 Fax 097-596-7110
E-mail: yu-goto@oita-ri.jp

【県工業振興課】『令和2年度ものづくり中小企業IoTチャレンジ補助金』の二次公募を開始しました【募集〆切 7/31】


・ 大分県工業振興課からのお知らせです。
【県工業振興課】『令和2年度ものづくり中小企業IoTチャレンジ補助金』の二次公募を開始しました【募集〆切 7/31】
■『令和2年度ものづくり中小企業IoTチャレンジ補助金』の二次公募開始しました【募集〆切7/31】
詳細: https://www.pref.oita.jp/soshiki/14200/01iot.html
(大分県のホームページが開きます。)
●概要:
この事業は、IoTを活用したシステム・機器等を導入して実施
する県内中小製造業のモデル的な取組を支援することにより、
県内中小製造業の生産性や付加価値の向上を図ることを目的
とします。
●補助対象者:
県内に事務所または事業所を有する中小企業のうち、日本標準
産業分類の製造業に分類される事業を行うもので、みなし大企業
を除く。
●補助対象経費:
補助対象となる経費は次のとおりです。(消費税等は除きます)
・機械装置・器具・システム等導入費
・外注費
・クラウド使用料等
●補助率:
補助対象経費の1/2以内
補助上限:1件当たり250万円
●募集件数:
1件程度
●公募期間:
令和2年6月22日(月)から令和2年7月31日(金)17 時まで
●提出先・問合せ先:
募集期間内に下記担当者あて提出してください(直接持参、郵送可)
大分県商工観光労働部 工業振興課 三浦
〒870-8501 大分市大手町3丁目1番1号
TEL 097-506-3267 FAX 097-506-1753
E-mail: miura-shuhei@pref.oita.lg.jp

【県産業科学技術センター】適切な食品表示のための技術研修のお知らせ【令和3年2月まで随時募集】

・ 県産業科学技術センターからのお知らせです。
【県産業科学技術センター】適切な食品表示のための技術研修のお知らせ【令和3年2月まで随時募集】
■適切な食品表示のための技術研修のお知らせ【令和3年2月まで随時募集】
詳細: http://www.oita-ri.jp/11300
●概要:
食品表示法が施行され、適切な食品表示を行うことが必要です。
食品表示には幅広い記載内容があり、製造業者の規模や販路
などに応じて、対応すべき点も異なります。
そこで、食品表示法の概要、表示の基本的な内容から、注意す
べき点を解説し、食品表示の項目、内容について、各企業の商品
に対応した個別の表示確認、指導を実施します。
●日時:
随時 平日 9:00~12:00 または 13:30~16:30
●場所:
大分県産業科学技術センター
●内容:
食品の表示項目の確認、原材料表示の適正、
賞味期限・消費期限の設定根拠、表示内容の説明根拠(資料)
●講師:
食品産業担当職員
●参加費:
無料
●申込方法:
開催日時・内容をセンター担当者と調整後,申込書にご記入のうえ
FAXまたはメールでお申し込みください。
受講目的によっては開催できない場合があります。
また、都合によりご希望どおりの条件で開催できない場合があります。
●お問合せ:
大分県産業科学技術センター 食品産業担当 後藤
Tel 097-596-7101 Fax 097-596-7110
E-mail: yu-goto@oita-ri.jp